So-net無料ブログ作成

本来自由であるココロを、不自由にしている正体 [サラリーマンという生き物の生態]

 
2010年代のサラリーマンと言う働き方の代表的な姿を、
手紙、何通かに分けて渡り、お伝えしていきます。


ご先祖様が思うに、
2100年代=22世紀に生きる、君たちの社会では、

サラリーマンという言葉は、死語ではないにしても、
相当に珍しい言葉なのではないかと、推察をしています。

その先駆けの姿は、既に見え隠れしていますので。


あぁ~と、
ご先祖様は、2000年代に、
既にサラリーマンという働き方から、引退をしています。

このことは、機会があれば、君たちへの手紙に認めます。
  
君たちに、質問をしても良いでしょうか?

貴方にとって、仕事とは何ですか?
働くって何なのでしょうか?


人間、価値観や生き方は様々です。
ご先祖様の時代はそうですし、君たちの時代もそうであると思っています。

(かつて、歴史の中に、
 働く・仕事が、強制されていた時代・国が有りましたが・・・)


そして、人生や全ての物事に対する解釈は、
自由だと思っています。

ですので、
ご先祖様は、誰か他の人の価値観を否定したり、
これが正解だよと、と言う気はサラサラないですし、
議論するつもりもありません。


ただ、これから、未来の君たちと
一緒に考えて行きたいと、思っているだけです。

これから何通かに渡り、かつてのご先祖様や、
私が見聞・観察した中での思いを、つづらせて貰います。

読んだ後、一緒に考えて貰えれば嬉しいです。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。